日本における賭博の歴史

業界ナンバーワンのオンラインカジノ「Vera&John」で本格オンカジゲームをプレイ!

日本において賭博は、侍や将軍よりも長い歴史を持ちます。西洋のバックギャモンに似たボードゲームである盤双六が日本で最初の賭博ゲームでした。

史実によると、国が統一されるはるか前の7世紀にさかのぼって、日本で賭博が行われていたとの記録が残っています。ここ日本において最も繁栄している賭博ゲームであるパチンコは現在、国の4%ものGDPの割合を占めており、これは本当に驚くべき数値なのです。

日本文化において、ポーカーや賭博があまりにも普及したことで様々な問題が生じ、国家はそういった賭博と不安定な関係にありました。

上昇する賭博人気

ここ日本における賭博は20世紀の初めから非常に人気が高まりました。それ以来、賭博の人気は上昇を続け、日本は賭博界の3大国家のうちの1つとも言えるかも知れません。様々なゲームがカジノ、その他多くの全国の娯楽室、そしてバーやレストランなどでも遊ばれています。それは多くの日本人の生活様式とも言えるでしょう。

賭博の歴史

実は、西暦720年に当時の学術委員会のような組織が賭博を禁止したと言われています。法を犯した者や下流階級の賭博常習者には鞭打ち、国外追放、そして死刑にも及ぶ判決が下されたのでした。侍の時代である江戸時代もその法は施行され続けました。しかし闘鶏、競馬、クリケット、など何らかの賭け事を伴って楽しまれてきました。盤双六は日本において、最も広範囲に及ぶ賭博の習わしです。それは平安時代(794-1885)の日本の首都京都で親しまれたゲームだったようです。それは現在でも親しまれています。

厳しい規制にもかかわらず、上昇するパチンコ人気

1718年に日本政府によって賭博は2つのカテゴリーに分類されました:それは軽度の賭けと重度の賭けです。瓶転がし、チョボイチ、四下、大目小目、狐、よいど、三昧、あるいはカルタなどの運試しの賭博ゲームが出現しました。1923年、賭博を取り締まるため、日本で最初の市場規制法が決議されました。また、1920年代に、シカゴのゲーム製造会社の何社かが、英国に古くから伝わるバガテルの子供用のものであるコリントスゲームを日本にもたらしたそうです。子供たちはその機械が生じる独特の弾けるような不協和音から、それを「パチパチ」と呼んだと言います。

パチンコの進化

1930年に最初の娯楽室が名古屋にオープンして以来、パチンコは新しい段階に昇格しました。それに続き、パチンコは大人たちを巻き込み、全国で爆発的な人気を集めました。その人気があまりにも高まったことで、続く2年間は大阪と福岡でパチンコサロンは禁止されたほどです。戦争開始までパチンコ台の生産及び販売はどちらも禁止されました。

パチスロとサロン

2018年に、日本のパチンコおよびパチスロは1,911億1,000万ドルの総収益を生みました。現在、日本には12,910軒の店舗に(パチンコ台が)5,125,500台あります。これは、平均して国民25人につき1台という計算になります。ここ日本国内の文化交流および西洋との交流による産物であり、文化交流の産物であると言ってもいいかも知れません。

0 0 votes
Article Rating
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments